依頼する前に金属加工の種類を知ろう!

金属加工の種類

工場

金属加工の種類が多いのはナゼ?

建物や家電製品、車にも金属は使用されます。金属は頑丈で、人の力では曲げたり穴を開けたりすることが難しいでしょう。しかし金属加工の技術は進化してきて、加工も機械がスムーズに効率よく行なうことができるようになりました。その目的に合った加工方法も増え、日本を支える技術といってもおかしくないでしょう。

【最初の加工】素材加工

金属の原料を加工できるような材料にするための最初の工程になります。原料を高熱で溶かして、型に流して作る方法、素材を粉末状にして型に入れ、その型を焼くことで原料を固め材料を作る方法など様々な方法で金属材料を作ります。

【どんな形も思いのまま】プレス加工

人の力で加工ができない頑丈な金属もプレス加工で曲げたり、絞って円形状にしたりできます。なので、目的に合った形がプレス加工で可能になります。曲げる形もU字、L字、Z字など様々あります。

【精度が必要な加工はおまかせ】機械加工

細かな加工や表面を磨きツルツルにすることができる加工方法になります。また、ドリルをつかって穴を開けることも機械加工ですることができます。寸法の精度が必要な加工ならこの方法がベスト。

広告募集中